山之内すずに対する「広瀬すずの方がいい」というヤフコメの理不尽な批判〜日々是ウェブメディア

かつての2ちゃんねる(現5ちゃんねる)よりもヒドいと言われて久しいYahoo!ニュースのコメント欄、通常ヤフコメ。不適切なコメントは削除されるなどの対応策は出されているものの、体感として改善した感じはない。

仕事柄Yahoo!ニュースは毎日チェックしているが、ここ最近ヤフコメで理不尽なバッシングが目立つ芸能人がいる。山之内すずさんだ。

“芸能人は批判をされているうちが華”なんて考え方もかつてはあったが「いや、さすがに気の毒…」と感じずにはいられないほど山之内さんに関する記事が毎回上がるたびに記事とは特に関係のない批判(意見?)がヤフコメ欄に書き込まれ、それにいいねがついて上位コメントとなる。

しかも批判の内容が本人にはどうしようもないものばかりなのだ。代表的なヤフコメ民の山之内すず批判は次の3パターンだ。

①「ティーンのカリスマ」に対する批判

TikTokで話題となり、恋愛リアリティショー「白雪とオオカミくんには騙されない」で人気となった山之内さんはメディアで紹介される際「ティーンのカリスマ」とよくキャッチコピーをつけられる。2020年12月のYahoo!ニュースに配信された記事を調べると15記事で山之内さんの名前とともに「ティーンのカリスマ」と使われていた。

このキャッチコピーに対して、ヤフコメに書き込む人たちは次のように書き込む。

なぜこの人がこんなにカリスマだの何だのってもてはやされるかがよくわからない。
なんでこの人がカリスマなんでしょう? どこにでもいるような女の子ですが。
やめようよ。こんな平凡な子に「カリスマ」とか使うの。

“ティーンのカリスマ”とはどっかのメディアがつけたキャッチコピーであり、山之内さん自身は自分のことを”カリスマ”とは当然呼ばない。

それどころか本人はオリコンニュースのインタビューでこう答えている。

「最初は不思議で仕方なかったし『なにがティーンのカリスマ?』と。目立つタイプでもないし、自分で人を動かすようなタイプでもないので、わからないです」

本人自体も「カリスマ」という呼称には否定的で、記事内では「ティーンのカリスマはずっとは続かないので、今を大事にしたいです」とめちゃくちゃ冷静に自分を見つめている。

「ティーンのカリスマ」について100歩譲って責めるのであれば、呼ばれる本人でなく「ティーンのカリスマ」と使うメディアに対してすべきだろうし、もし抗議するならヤフコメよりも、それぞれのメディア各社にメールを送る方がよっぽど効果的だ。

メディアに抗議を送る際はぜひ「ティーンのカリスマ」に代わるキャッチフレーズを添えてみてほしい。

②ゴリ押しだという批判

山之内さんは毎日といっていいくらいテレビに出まくっている。需要があるということだが、どうにもそれが気に食わないらしい。

この子のカリスマとテレビに出れてるのがよく分からん。
似たようなのばかりを量産化しないでくれよ このポジションはもう埋まっているから今さら感がある。
ゴリ押し感半端ない。
このあたりの批判は売れている芸能人ならつきものとはいえ、本人にはどうしようもないことだ。
何かのロケ番組見たが ヤバいヤバいばかり発してボキャブラリーない娘だなと思う。
トークもコメントもつまらないのに重宝されてますよね。小島瑠璃子と同じで表現方法が嘘くさい。
このあたりはたしかに課題かもしれないが、元日の「あたらしいテレビ」ではしっかりと自分の考えを語っていたため、番組内での役割が変わればまた違うかもしれない。

③広瀬すずの方がいい

完全に好みの問題なのだけれど、どうもヤフコメにいる人たちはそれを表明しないと気が済まないらしい。

大して可愛いと思わないし、この程度その辺に掃いて捨てるほどいる。

日本列島総かわいい宣言。山之内さんクラスが掃いて捨てるほどいるのならば芸能事務所のスカウトは苦労しないだろう。

顔は可愛いってコメントが散見されるけど…大丈夫ですか?彼女のことが嫌いとかそんなんではないけど、お世辞にも思わん…個人の好みの問題ですけどね。

その通り、個人の好みの問題。

広瀬すずの方がいい。

あくまで人の好みだが、すずと名前が一緒なだけで比べるのもいかがなものか。

正直、10代に支持されてるかもしれないが、全く可愛さがない! 同じすずでも広瀬すずの方が数段上を行ってる。

広瀬すずが好きなことはわかった。

すずって名前でもこんなに変わるんだな!

三宅健と松平健が全く違うように、名前同じでも別人格だからね。そもそもなぜ広瀬すずさんと比べているのか不明である。ちなみに広瀬さんも露出が一気に増えたころには「ゴリ押し」などと呼ばれていた。

山之内さんへのこうした批判も一過性のものかもしれない。本人も前述のインタビューで「最近は批判の言葉も気にならなくなったので、大事に思ってくれる方のために頑張ろうと思っています」とは語っているものの、まだ19歳。

テレビでいつも笑顔を浮かべていても、理不尽な言葉に傷つかないわけがないのだ。

関連記事

新年あけましておめでとうございます。昨年末はじめたサイト「OUTCAST」ですが、ことしもよろしくお願いします。1月1日といえば、各スポーツ紙が芸能スクープを掲載するのが風物詩。それぞれの芸能記者がとっておきの芸能ネタを元日[…]

関連記事

【日々是ウェブメディア】自分のウェブサイトがせっかくできたので、自分の仕事でもあるウェブメディアや周辺の出来事について思うことを気軽に書いていこうと思います。初回からネガティブな話題なんですが、12月22日、Yahoo!トピ[…]

created by Rinker
アミューズ(Amuse)
¥1,210(2021/07/30 17:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

があります。
があります。
NO IMAGE
よかったらフォローしてください!