誤報ばかりの元日「結婚へ」報道とヤフトピの罪〜日々是ウェブメディア

新年あけましておめでとうございます。昨年末はじめたサイト「OUTCAST」ですが、ことしもよろしくお願いします。

1月1日といえば、各スポーツ紙が芸能スクープを掲載するのが風物詩。

それぞれの芸能記者がとっておきの芸能ネタを元日に合わせて…というわけでもなく、正月のめでたさもあって少々飛ばし気味な記事を毎年掲載します。

特に多いのが「結婚へ」と見出しがつくニュース。「元日からめでたいニュースを」「離婚は慎重に報じなきゃいけないけど、結婚だったらまあいいだろう」と書いている記者が思っているかどうかはわかりませんが、元日のニュースは基本東スポを読むくらいの感覚でいいと思っています。

さて、ことしも「結婚へ」ニュースが大量に上がっています。

・河北麻友子が一般男性と結婚へ、既に親族に紹介済み(日刊スポーツ)
・オリラジ藤森「ブラジル人ハーフ美女」と年内結婚へ(日刊スポーツ)
・徳井義実「チャラン・ポ・ランタン」ももと近く結婚(日刊スポーツ)
・狩野英孝が一般女性と再婚へ 40代前に決意(日刊スポーツ)
・オリラジ・藤森慎吾、20代ブラジル人女性と結婚へ…小顔で抜群のスタイルで話題(スポーツ報知)
・小澤征悦と桑子真帆アナが結婚へ…互いの自宅を頻繁に車で行き来するオープンな交際(スポーツ報知)
オリラジ藤森さんの結婚は2紙が報じているので一見信憑性がある感じですが、1日の昼に藤森さんがTwitterで「残念ながらまだその予定はないですー!!日刊さん!!言ってくれたらちゃんと取材に答えましたのにー!フェイクっ!!」と報道を否定する発言をしています。

また、河北麻友子さんの所属事務所もオリコンニュースの取材に対し、「全く事実ではありません」と完全否定。

チュートリアル徳井さんと「チャラン・ポ・ランタン」のももさんの報道についても、双方の事務所がオリコンニュースの取材に対して「そういった事実はございません」と否定しています。

朝令暮改ならぬ朝令昼改。朝出たニュースが昼前に否定されるってまるでコントみたいで、いかに元日の芸能ニュースがあてにならないかわかります。

そもそもスクープなんて、書けと言われて書けるものでもないし、スクープであればあるほど早くニュースにしたいというのが記者というもの。わざわざ元日に合わせてという古いやり方に無理があるんですが…。

2020年元日の芸能ニュースは当たったのか

2021年だけを取り上げるのは説得力にかけるので、1年前の2020年元日の芸能ニュースを振り返ってみましょう。

・ケンドーコバヤシが交際中のOLと今年中の結婚決意(日刊スポーツ)
→2020年には結婚していません。
夏菜、結婚へ 交際1年のIT企業社長と年内にも 30歳「早く子供が欲しい」(スポニチ)
2020年には結婚してません。
・「成駒屋」のプリンス・中村橋之助が結婚へ お相手は同世代の元京都No.1芸妓(スポニチ)
→2020年には結婚してません。
・「霜降り明星」粗品が結婚へ タレント秋山衣梨佳と高級マンションで同居 「彼女のことを真剣に…」(スポニチ)→2020年には結婚してません。
・狩野英孝が再婚へ 知人の妹で住谷杏奈似の20代一般女性と 港区周辺で億ション探し(スポニチ)→2020年には結婚してません。
・狩野英孝、一般女性と再婚へ 知人らに報告も(スポーツ報知)→2020年には結婚してません。
・元℃―ute岡井千聖、18年競輪賞金王・三谷竜生と結婚 既に関西移住(スポーツ報知)
→岡井さんは引退しました2020年には結婚したという報道はありません。
・武田真治 筋トレ婚!歯科衛生士でモデル・静まなみと 交際3年4カ月22歳差(デイリースポーツ)→【的中】2020年7月に結婚

「結婚」が的中したのは武田真治さんのニュースを報じたデイリーくらい。あとはとばし記事です。

狩野英孝さんの再婚は2020年がスポーツ報知、そしてことしは日刊スポーツが報じています。毎年報じるつもりなんでしょうか…。

があります。
があります。
よかったらフォローしてください!